肉ブログ

【低カロリー高たんぱく】熊本和牛あか牛(赤牛) ハツ 

2023.07.05

今回ご紹介するのは熊本和牛あかのハツです。

 あか牛精肉販売所 ハツ 赤牛

ハツとはどこにあるの

迫力満点なあか牛のハツ。
ハツとは、牛の心臓のこと。由来は諸説ありますが、
英語の「Hearts」からついたと言われています。
他にも、ココロ・やさき・やり先などとも呼ばれます。

ハツの特徴

心臓は常に動いているため、脂肪は少ない部位です。
肉厚でやや硬く弾力があり、コリコリとした食感が特徴。
筋繊維が細かく、歯ごたえをしっかり感じられます。
牛一頭から約2㎏程しか取れない希少部位でもあります。

ハツの表面に脂(白い部分)を程よく残している部分があります。
それを、脂身(アブ)の付いた心臓(シン)で「アブシン」と呼ばれていて、あっさりとしていながら旨味の強い赤身と脂のコクを同時に味わえて人気があります。

ハツの栄養価

見た目はレバー(肝臓)に似ていますが、臭みはかなり少ないのでホルモンが苦手な方でも食べやすい内臓部位です。
脂肪も少ないのでヘルシー志向の方からも人気があります。ハツのカロリーは142㎉、たんぱく質が16.5gと低カロリー高たんぱくな食材です。
ビタミンや鉄も豊富で、疲労回復、貧血予防に効果があると言われています。

ハツの美味しい食べ方

ハツは焼きすぎるとハツ特有の食感の良さが損なわれてしまいます。
焼く際はあまり焼きすぎず、ハツがピンク色になるくらいが目安です。
アブシンの場合は脂から焼き、次に身を焼いていきます。ハツを存分に味わうなら塩で食べるのが、一番おいしいです。
淡白さの中に濃厚な赤身の味が噛むたびに溢れます。ニンニク醤油やゴマ油などとも相性抜群です。

ハツを購入するなら恵比寿で

オンラインショップではお取り扱いが無いですが、恵比寿にあるあか牛精肉販売所なら不定期に入荷中です。
入荷状況の詳細についてはお電話でも承っておりますので、お気軽にお電話ください。
また、店舗からの発送も行っておりますが、こちらもご来店かお電話でのご相談となります。
様々な料理に使ってあか牛のハツの美味しさに触れてみてください。

 あか牛精肉販売所 赤牛 くまモン 精肉店 恵比寿 

あか牛精肉販売所 TEL03-6277-0429 電話対応 月曜定休:11:00~20:00

おすすめ商品

あか牛(赤牛)ロース焼肉500g くまモンハンバーグ  あか牛(赤牛)切り落とし

Back to blog