肉ブログ

【赤身と脂のグラデーション】熊本和牛あか牛 クラシタ 

2023.04.17

今回ご紹介するのは熊本和牛あかのクラシタです 

あか牛精肉販売所 あか牛 赤牛 和牛 牛肉

クラシタとは

「クラシタ」とは、牛肉の部位で、ネックとリブロースの間にある肩ロースのことを指し、騎乗する際に用いる「鞍(くら)」の下に当たる部分に位置します。

クラシタの特徴

この部位は非常に広範囲で大きく、切り口によって赤身の質が全く異なる特徴を持っています。ネックに近い部分はよく動かすので硬さがあります。一方、ザブトンの近くに位置する部分には脂が多くはいるので、非常に柔らかいです。広範囲だからこその違いがこのように現れます。

ネックについてはこちらから→熊本和牛あか牛ネック

このため、切り分けずにまとめて「肩ロース」として扱うことも多い部位ですが、恵比寿にあるあか牛精肉販売所では「ザブトン」「クラシタ」「肩ロース芯」と分けて取り扱っております。

クラシタの呼び名

「クラシタ」とは関西の呼び名で、関東での呼び名は「肩ロース」になります。また、似た名前で「ハネシタ」という部位がありますが、こちらはザブトンの別名。同じ肩ロースの仲間ですが、細かく分けると名前が違くなるのは面白いですよね。

クラシタの美味しさ

クラシタはその特有の赤身と脂の組み合わせにより、非常に美味しい部位です。赤身と脂のグラデーションが絶妙で美しく、食べる際に豊かな味わいを楽しむことができます。切り揃えると高級感を感じる見た目になります。

クラシタの調理法

クラシタは多少スジがあるため、薄切りにしてすき焼きやしゃぶしゃぶに最適です。赤身の旨味と脂の甘さを最大限に引き出すことができます。また、焼肉やステーキといった調理方法でも、クラシタの美味しさを堪能することができます。赤身肉は依然とブームが続いており、しっかりとした肉質がお好きな方にはぜひ食べてもらいたい部位になります。 

恵比寿 あか牛精肉販売所 赤牛 あか牛 牛肉 和牛 対面ショーケースでは様々なあか牛を販売中。ぜひ推し肉を探してください

 

恵比寿 あか牛精肉販売所 赤牛 あか牛 和牛 牛肉 地下レストランではショーケースよりお選びいただいたあか牛を調理し頂くことができます。

熊本和牛あか牛 赤牛 ウイスキー 牛肉 酒 ウヰスキー インスタグラムでは店頭情報満載です。イベント情報も盛りだくさんです。ぜひこの機会にチェックしてみてください。

Back to blog