肉ブログ

【肉厚がクセになる】熊本和牛あか牛 ハチノス 

2023.06.21

今回ご紹介するのは熊本和牛あかのハチノスです。

あか牛精肉販売所 ホルモン 赤牛 ハチノス

ハチノスとは第2胃のこと

牛には4つの胃があります。第1胃は前回ご紹介したミノ、第2胃が今回ご紹介する『ハチノス』、第3胃はセンマイ、第4胃を赤センマイと呼びます。1~3番目の胃は、一度胃に入ったものを口まで戻して、また噛み砕く「反芻」という役割があるホルモンで、形状や食感もそれぞれ異なります。

ミノの記事はこちらから

ハチノスの特徴

『ハチノス』と呼ばれる由来は、見た目が蜂の巣によく似ているためこの名が付けられました。ハチノスは未処理の状態では表面は黒いままですが、皮をはがし磨くことで綺麗な白色が現れます。

この黒い皮が咀嚼物に触れる部分で臭みを強く感じるので、ご自宅で下処理する際は、ぬるま湯に漬けたあと熱湯で数分湯がき、黒い皮を取り除きます。独特の噛み応えや食感も人気の1つで、美肌効果も期待できるコラーゲンを豊富に含んでいてヘルシーな内臓肉と言えます。

ハチノスの美味しい食べ方

味が淡白なので、焼肉などタレと合わせる料理や、スープなどの煮込み料理に最適。イタリアでは動物の胃袋の総称を「トリッパ」と呼び、主に第2胃のハチノスを指します。いわゆる「モツ煮」を意味することも。ハチノスを使ったイタリアの定番料理「トリッパの煮込み」は有名です。

ハチノスの購はは恵比寿で

恵比寿にあるあか牛精肉販売所の1階精肉店では、手間暇かけて下処理した肉厚のハチノスをご用意しております。あか牛のホルモンは臭みが少ないと、大変ご好評をいただいております。さらに、あか牛精肉販売所の地下レストランでは「ハチノスカリカリ焼き」をお召し上がりいただけますので、手軽にあか牛のホルモンを味わえます。

あか牛精肉販売所 赤牛 ハチノス 

ぜひ、お近くにお越しの際はあか牛精肉販売所にお立ち寄り頂き、覗いてみてください。あなたの気になる部位がきっとあります。

インスタグラムでは店舗情報やお買い得情報も更新しています。ぜひアクセスしてみてください。 

Back to blog