肉ブログ

【脂と赤身の絶妙な組み合わせ】熊本和牛あか牛 リブカブリ 

2023.05.08

今回ご紹介するのは熊本和牛あかのリブカブリです。

あか牛精肉販売所 赤牛 あか牛 和牛 牛肉 通販 リブカルビ

リブカブリとは

リブカブリはリブロースの背中側の一部です。肩ロースとサーロインに挟まれた部位で、リブロース芯(リブロースの中央部分)に覆いかぶさるようについているため、平べったく薄い形状をしています。背肉の一番上にある部位がリブカブリ、とイメージしてすると分かりやすいかもしれません。

別名は『リブキャップ』や『リフターミート』とも呼ばれています。リブカブリは分割せず、リブロース芯やマキ(リブロース芯に巻き付く部位)と一緒にカットし「リブロース」として提供するのが一般的なようです。リブカブリは希少性も高いので、焼肉店でもあまり見かけないかもしれません。

リブカブリの特徴

肉質に関しては、黒毛和牛のリブカブリは霜降りが強く、遠目だと白っぽく見えるほど脂が多く入っています。見た目ではリブロースと差異がほとんど感じられない位です。しかし、褐毛和種、熊本和牛あか牛のリブカブリは、赤身がしっかりと濃く脂との対比がとても美しい部位です。

リブカブリの美味しい食べ方

あか牛のリブカブリは赤身の旨味と脂の甘みがバランス良く、きめは細やかですが多少筋もあるので、薄くスライスしてタタキにしたり、脂が気になる方はしゃぶしゃぶや焼肉で脂を落としながら食べるのもおすすめです。薄切りの場合はレアの方が柔らかく頂けますし、上品で濃厚な旨味が広がります。

リブカブリはお酒にも合う

お酒とともに召し上がるなら、しっかりとした赤ワインや日本酒がおすすめです。脂も美味しく食べたい方は、ステーキや焼肉で濃い目のタレと合わせて、ビールにも合う最高な部位です。

リブカブリは恵比寿で

恵比寿にある、あか牛精肉販売所ではリブカブリを不定期で入荷しております。リブカブリ以外にもあか牛の入荷状況を確認したい方は、お電話でも対応しています。お近くにお寄りの際はぜひ覗いてみてください。あなたの推し肉探してみてください。

 

あか牛精肉販売所 恵比寿 レストラン あか牛 赤牛 和牛 牛肉 ランチ ディナー

あか牛精肉販売所1階の精肉店の奥に地下レストランがあります。ショーケースよりお選びいただいた肉をお好きなグラムで手軽に食べられます。お得な3種盛や熊本の食材を使った前菜など、お酒やワインにも合うお料理でお待ちしております。

 

あか牛精肉販売所 あか牛 赤牛 インスタグラム 

インスタグラムでは店舗やお得な情報を更新中。あか牛のイベントも開催予定なのでぜひチェックしてみてください。

Back to blog